アニメ『アフロサムライ』ハリウッド実写化始動! | アニメーション情報サイト 青月

全米を唸らせたGONZO制作の日本発アニメーション『アフロサムライ』

アニメ『アフロサムライ』ハリウッド実写化始動!
サミュエル.L.ジャクソンがプロデューサーに決定!

2011 年7月22日(米時間21 日)、北米独立系映画製作社Indomina グループは、GONZOが製作したアニメーション映画『アフロサムライ』の実写化権を獲得したと発表した。
『アフロサムライ』は、GONZO が海外向けに製作したアニメーション映画で、2007年1月に米国スパイクTV で放映された後、北米で50万本以上のビデオセールスを記録した。
また、続編「アフロサムライ:レザレクション」では、日本史上初のエミー賞アニメーション個人部審査員賞受賞という快挙を成し遂げた大ヒット作品。
今回始動にあたっては、Indomina グループとGONZO が共同でプロデュースすると共に、「パルプフィクション」、「スターウォーズ」などに出演し、原作となるアニメ「アフロサムライ」に声優出演したサミュエル・L・ジャクソンをプロデューサーに迎えることが決定し、実写映画化の実現へ大きく進展した。

サミュエル・L・ジャクソンサミュエル・L・ジャクソンは、今回の実写化始動にあたり「アフロサムライはアニメが全米デビューを果たして以来ずっと私の大好きな作品の一つです。

新しいパートナーとなるIndomina グループと最高の実写映画をプロデュースできることを心より楽しみにしています」とコメント、そして実写化権を獲得したIndomina グループ代表のSingh Mann は「私たちはこの作品に絶えず目を付けてきました。

今回その実写化の機会を得られたことだけでなく、類稀なる『アフロサムライ』に深い情熱を持っているサミュエル.L.ジャクソン氏と一緒にその夢を叶えられるということを非常に嬉しく思っております」と語った。

アフロサムライ実写化プロジェクトは、この夏に脚本家と監督を選考し、年末までにキャスティングを決め、撮影はIndomina グループが所有するドミニカ共和国にあるPinewood スタジオで行われる予定。

『アフロサムライ』 について
『アフロサムライ』は、日本人アーティスト岡崎能士氏のコミック原作をGONZO がアニメアニメ『アフロサムライ』ハリウッド実写化始動! サミュエル.L.ジャクソンがプロデューサーに決定! ©2006 岡崎能士・GONZO/サムライプロジェクト2011年7月21日化したブラックカルチャーとサムライ文化が融合したアクション剣客作品で、2007年1月に米国スパイクTV にて放送された。主役“アフロ”の声優をSamuel・L・Jackson が勤めた。 また、2009 年1 月にはその続編となる『アフロサムライ:レザレクション』が同じくスパイクTV にて放送され、同年のクリエイティブアートエミ-賞の作品賞長編アニメーション番組部門にノミネート、更には美術監督の池田繁美氏が日本史上初となるアニメーション個人部門審査員賞を受賞した。
株式会社ゴンゾについて
アニメーション制作会社。代表作は、2Dと3DCGを融合させた映像で話題となったOVA「青の6号」(1999)、劇場用アニメーション「ブレイブ ストーリー」(2006)、劇場用アニメーション「アフロサムライ」(2007)など多数。ハイクオリティな映像は、海外からの評価も高い。
Indomina グループについて
Indomina グループは2008 年に現副会長兼CEO であるJsbinder Singh Mann 氏によって設立 された独立系スタジオ。米国ロサンジェルスとドミニカ共和国に拠点を置く。事業内容は、 主に映画、テレビ作品、音楽、インタラクティブ・ゲームの製作と配給事業、またワールド クラスの撮影スタジオを運営している。 同社の最近のリリース作品としては、『マトリックス』シリーズ、『キル・ビル』、『グリーン・ デスティニー』などのアクション監督を務めたイェン・ウーピン監督の武術映画「酔拳レジ ェンドオブカンフー(原題True Legend)」(日本公開2011年6月25日)等。
©2006 岡崎能士・GONZO/サムライプロジェクト

ページの先頭へ